(WiMAX以外)無制限・大容量・クラウド系モバイルWiFI比較サイト

【比較】めっちゃWiFi登場。どんなときもWiFiより安くておすすめ?【デメリットにも追及】

2019年10月01日(火)より、格安SIMブランドのスマモバからデータ通信無制限のモバイルWiFiルーターサービス「めっちゃWiFi」(https://smamoba.jp/meccha/)が登場しました。

※スタートしたばかりなので、使ってみた、レビューという記事にご注意。

めっちゃWiFiの主な特徴

  • docomo、au、SoftBank回線エリアに対応
  • データ通信無制限
  • 規定量による速度制限なし※

 

公式サイトを見るとわかりますが、先駆けて販売していた「どんなときもWiFi」とほぼ同じ端末を利用したクラウドWiFi。

どんなときもWiFi
めっちゃWiFi

 

めっちゃWiFi」は「どんなときもWiFi」とほぼ同じサービス内容でありながら価格の面で契約しやすくなっています。

特にどんなときもWiFiの契約内容におけるデメリットに悩んでいる人はめっちゃWiFiのほうがオススメです。

どんなときもWiFiのデメリット

  • 18,000円の端末弁償
  • 18,000円の違約金
  • 2年目以降の値上がり

 

蔵宇土
蔵宇土

とはいえ、ほんとうに料金だけで決めてしまっていいものなのか個人的にも気になるところ。

 

「めっちゃWiFi」と「どんなときもWiFi」両者の契約プランの違いと口コミ・評判を比較し、どちらにメリットが多いのか調べてみました。

めっちゃWiFiのサービス内容

まずはめっちゃWiFiの基本仕様を整理しました。

めっちゃWiFiの基本情報
販売元 スマモバ
回線 docomo/au/SoftBank 4GLTE
初期費用 3,000円
月額料金 3,480円
2年間の支払総額 87,000円
発送までの期間 営業日3日以内の発送
海外利用 可能
最短契約日数 2年間
通信速度 最大下り150Mbps
通信量制限 無制限
制限速度 明記無し
取扱端末 GlocalMe u2s
口コミ評判 現在は無し
支払い方法 クレジットカードのみ

2年契約ですが、自動更新ではないことが特徴。
つまり、25ヶ月目以降は違約金はかからないのが大きなメリットです。

初月は月額料金+事務手数料で6,480円。
2ヶ月目からは3,480円で、1日あたりおよそ116円

価格は当サイトで把握しているWiMAXを除く無制限WiFi15社の純粋な月額料金の中では4位にランクイン。
*1比較業者は記事最下部にて掲載

なお、料金は日割りではないので、端末が発送された月から料金がかかります。契約するなら月初から開始できるように申し込むのが良いかと思います。

クラウドWiFiで無制限・マルチキャリア回線通信

めっちゃWiFiは最近注目されている「クラウドWiFi」と呼ばれる技術を利用したモバイルWiFiです。

 

国内ではdocomo、SoftBank、auの4GLTE回線に対応しており、その都度最適な回線に切り替わりながらインターネットを楽しめます。

海外では100カ国以上の国に対応しており、現地のプリペイドSIMを購入せずにそのままインターネットに接続することができます。

 

※海外利用には別途料金が発生しますが、プリペイドSIMよりも利便性が良く、ローミング通信よりも格安で使うことができます。

クラウドWiFiとは?

インターネット上にキャリアの回線情報や通信規定量などが書き込まSIMカードが管理され、自動的に制御される技術のこと。

エリアに応じてキャリアの回線が切り替わったり、データ通信の規定容量が一杯になると別のSIMに切り替わったりと柔軟性を持って通信を行います。

よって、データ通信量に上限を設けることなく、幅広いエリアで利用することができます。

 

利用者はデータ容量の節約なんて気にせず、インターネットが楽しめるモバイルWiFiなんです。

ルーターはU2sを使用

めっちゃWiFiが利用する端末はu2s。香港に本社があるUcloudLink社が提供している端末です。

選べる端末カラーはグレイのみ。現在のところ1種類しかありません。

カラー:ゴールド/ブラック(スライドできます)

D1(U2s)
速度
  • 上り 150.0Mbps
  • 下り50.0Mbps
規格 IEEE802.11a/b/g/n
サイズ 高さ約 127.0mm×幅 約 65.7mm×厚さ 約 14.2mm
重量 151g
バッテリ
  • 容量:3,500 mAh
  • 連続使用:12時間
  • 連続待受:600時間
同時接続 5台
  • 最大速度:下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
  • WiFi規格:IEEE801.11n(2.4GHz)

 

速度やWiFi規格は他の端末と比べると標準的。とはいえ、使用環境が特別悪くない限り、十分な速度パフォーマンスがある仕様です。

 

ちなみに類似サービスのどんなときもWiFiはサービス名のロゴをつけて「D1」という名称で販売していますが、使用もデザインも全く同じ端末を利用しています。

 

 

蔵宇土
蔵宇土

端末の使い勝手が気になった時はどんなときもWiFiの口コミを見ればある程度分かりますね。

 

たとえば、気になるデメリットを挙げると

  • スクリーン画面がない
  • クレードル(端末の台)がない
  • 充電の残量が分かりにくい
  • バッテリーが熱くなりやすい

といった口コミが見受けられます。

 

キャリアから発売されているPoketWiFiやWiMAXの端末を使っていた人には少し違和感があるかもしれません。

 

実は速度制限がある!

 

月間、日毎のデータ使用量に規定はありません。データ容量による速度制限はありませんが、一度に大量に通信をした場合、サービス側から一時的に帯域制限がかけれることがあります。

 

使い放題型のネット接続サービスにおいてはほぼ必ずこのような規定がありますのでご注意を。

 

具体的にどれぐらいの通信量なのかはネットワークの混雑状況によって変わるので決定付けることはできません。

一例を出すならば以下のような用途。

  • スマホ以外にも複数台繋げて通信したい
  • 高画質動画のストリーミング
  • 100MBを超えるような重たいファイルのやり取り

 

このように大きい容量を必要とする利用用途は避けた方が無難です。

 

しかし、PCを外へ持ち出して仕事をしたり、学校や郊外などWiFiのないところで暇つぶしをしたいなど、普通に利用する分には問題ないでしょう。

 

クラウドWiFiの仕様が同じ「どんなときもWiFi」の口コミにおいては、1日に120GB使っても制限が起きなかったという人もいる一方、たくさん通信すると速度が遅い回線に切り替わるという口コミがあります。

他社の口コミなのであくまで前参考までに載せておきます。

ここまではどんなときもWiFiと同じサービス内容。めっちゃWiFiの性能や繋がりやすさなどを知りたい時は、どんなときもWiFiの口コミを確認してみましょう。

めっちゃWiFi どんなときもWiFiの違いを比較

冒頭にもお話ししましたが、大きな違いは料金がずっと変わらず2年目以降は違約金がかからないことです。

全体的にめっちゃWiFiのほうが契約しやすいプラン内容になっています。

初期費用・プランの料金

どんなときもWiFi  めっちゃWiFi
月額料金 2年目まで3,480円※1
(4,410円-930円)
3,480円※2
2年目以降3,980円※1
(4,410円-530円)
事務手数料 3,000円

※1クレジッドカード払い「データ放題プラン」例です
※2別途ユニバーサルサービス料(3円)の費用が発生します。

めっちゃWiFiの他社料金の比較

めっちゃWiFiの他社料金の比較

上記の画像は公式サイトから引用したものです。ご覧の通り、明らかにどんなときもWiFiを意識していますね。

 

どんなときもWiFiの場合、実際の基本料金は4,410円。契約プランの2年割引によって3,480円になります。

よって2年後は割引が終了し、そのかわり自動的に長期割が適用され2年目以降は3,980円となる料金システムになっています。

 

一方めっちゃWiFiは基本料金が3,480円なので、2年目以降も変わることなく3,480円で利用できます

長くく使いたいならめっちゃWiFiのほうがコスパがいいことがわかります。

支払い方法

どんなときもWiFi  めっちゃWiFi
クレジットカード
口座振替

めっちゃWiFiはクレジットカード決済のみですが、どんなときもWiFiはクレジットカードと口座振替の2つに対応しています。

口座振替時に手数料200円は別途発生しますが、クレジットを利用しない人はどんなときもWiFi一択になりますね。

端末の損害・損失時の費用

どんなときもWiFi  めっちゃWiFi
通常 18,000円 5,000円
あんしん保証※1 0円 なし(5,000円)
メーカー保証※2 0円 0円
  • ※1 あんしん保証オプションには条件があるので、すべての故障・バッテリーの劣化等には対応してくれるわけではありません。
  • ※2 メーカー保証とは、端末の不具合による自然故障のみ。適用期間は1年。

 

めっちゃWiFiもどんなときもWiFI同様レンタルサービスなので、万が一故障や外損してしまった際には弁償しなければなりません

どんなときもWiFiにはオプションサービスとして「月400円の安心保証」がつけられるのですが、めっちゃWiFiには端末保証オプションがありません。

故障させてしまった時には必ず弁償代金がかかりますが、支払額は5,000円。

どんなときもWiFiの18,000円の賠償金と比べると、かなり良心的な費用かと思います。

 

最低利用期間・解約時の手数料

 

どんなときもWiFi  めっちゃWiFi
契約利用期間 2年間
自動更新 あり なし
解約手数料 あり あり
0〜12ヶ月 18,000円 9,800円
12ヶ月〜23日  14,000円
24ヶ月目 0円
25ヶ月目以降(更新月以外)  9,800円 0円

10月に改定された移動体通信事業(モバイル)の違約金引き下げに伴っての影響なのか、めっちゃWIFiのほうが大幅に低い手数料で解約できます。

どんなときもWiFiは自動更新される契約なので更新月で解約しないと違約金が発生してしまいます。

一方、めっちゃWiFiは2年契約の自動更新がないので、いつ解約しても違約金が発生しない点も大きなメリットかと思います。

 

通信速度

端末のスペック、対応エリアは同じではあるものの、通信事業者よる速度の違いは出てきます。

特に一度に大量通信した場合の速度制限のルールは各業者によって変わるため、そのルールは神のみぞならぬメーカーのみぞ知る範囲です。

現時点でめっちゃWiFiの口コミ評判はありませんが、参考までに「スマモバ」のモバイルWiFiプランの通信速度を見てみました。

※スマモバのモバイルWiFiプランはSoftBank回線を利用しています。

あくまでもTwitterに投稿されていた範囲の評判ですが以下の通り。

  • 遅い評判:7割
  • 速い評判:3割

※「スマモバ 速い」「スマモバ 遅い」で検索した結果から判断した割合です。

 

一方、どんなときもWiFiの通信速度の評判はこちらにこちらに詳しく載せていますが、評判は以下の通りです。

  • 遅い評判:6割
  • 速い評判:4割

知名度が高いだけに悪い評判は多く目立ちますが、Twitter以外の口コミ評判を集めた結果では、満足度が高い結果になっています。

 

必ずしもこれまでのスマモバの評判が当てはまるわけではありません。

同じクラウドWiFiめっちゃWiFiがどれだけの速度で通信できるか注目していきます。

 

サポート対応

トラブルが起きたとき、契約前の問い合わせ先をまとめました。

どんなときもWiFi  めっちゃWiFi
チャット 9:00~24:00年中無休

10:00~18:00 年中無

電話 0570-022-577
メール  
店舗  
Twitter
Facebook
サポート専用サイト

 

サポートは基本的にめっちゃWiFiの販売元「スマモバ」公式サイトでにて設けられています。すぐに質問できるチャットサポートもあります。

ただし、自動チャットなので直接カスタマーとやりとりができるわけではありません。

特定の質問が用意されていて、解決できなかった場合は電話受付によるサポートを利用することになります。

電話のサポートはありがたいですが、一方でメール問い合わせがないので手軽に質問ができない点はデメリットかと思います。

ちなみに、どんなときもWiFiは営業時間内であれば直接カスタマーが受け答えしてくれます。ツイッターでもDMを送ると返信してくれるようなので、サポート体制はどんなときもWiFiの方が優れていると感じます。

めっちゃWiFiの販売元「スマモバ」の評判

めっちゃWiFiを販売するスマートモバイルコミュニケーションズは、格安スマホブランド「スマモバ 」を展開している通信事業者です。

設立が平成19年で比較的長い歴史を持つ会社です。

社名 スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社
設立 平成19年02月13日
本社 東京都文京区関口1-24-8 東宝江戸川橋ビル 8F
資本金 1,000 万円
代表取締役 鳥越 洋輔
事業内容 電気通信事業法に定める電気通信事業
情報処理サービス業ならびに情報提供サービス業
MVNO事業

 

公式サイトでは通信速度を計測して公開しているので、速度の目安は知ることができます。

どのサービスも端末のベストエフォード(最も良い条件で通信したときの最大値)ばかりアピールしているので、包み隠さず速度を公開している点は透明性があって好感が持てます。

とはいえ…

めっちゃWiFiの口コミはまだありませんが、本業の格安スマホ「スマモバ」の口コミを確認してみたところ、正直なところあまり良い印象は受けませんでした。

 

 

蒸し返すようで気が引けますが、2017年には利用者からの解約手続きに応じないトラブルがあり、総務省から行政指導を受けたという事実があります。

MVNO「スマモバ」に行政指導 「解約を求めても解約処理が行われない」多数の消費者トラブルを受け

とはいえ、現時点では目立ったトラブルは見受けられません。裏を返すと対応が見直されて改善されているとも捉えられます。

 

個人的な意見ですが、サポート対応はどんなときもWiFiのほうに群杯がある印象を受けました。

特にSNSによる対応が盛んで、トラブルが起きた際に即座にTwitterで返信している様子も見受けられます。たとえば、過去に1度、クラウドWiFi特有の通信障害が起こり、圏外でつながらないトラブルなどもありました。その後利用できなかった期間は月額料金から減額すると言う対応をしていたようです。

もちろんトラブルはないほうがいいのですが、どんなときもWiFiのような対応をしてくれるのは利用者としても安心かと思います。

めっちゃWiFiのメリット・デメリット

どんなときもWiFiと比較してみえてきたメリットとデメリットをまとめておきます。

メリット

  • 月額料金・違約金などの手数料が安い
  • 2年縛り(違約金発生)は最初の2年間だけ
  • 電話対応サポートがある
  • 毎日通信速度を公開しており、透明性が高い

 

デメリット

  • サービス開始から間もないので評判がわからない
  • 支払い方法がクレジットカードだけ
  • 端末の色はグレイ1色のみ
  • 過去に別サービス(スマモバ)にて行政指導あり

 

めっちゃWiFiは新しいサービスなのでやはり、評判が全くわからないところが心配です。

公式サイトを見ただけでは把握できない疑問点も多々あります。

  • 速度制限を受けたときの最高速度
  • レンタルの端末は新品なのか、中古品なのか

 

蔵宇土
蔵宇土

過去の一見もありますから、今後サポートの手厚さや評判などはSNSなどでチェックしていこうと思います。

めっちゃWiFi どんなときもWiFiと比較まとめ

 

どんなときもWiFi めっちゃWiFi
月額料金 引き分け
契約しやすさ
サポート対応
口コミ評判 現時点では比較できず
結論、2年間だけで考えるとめっちゃWiFiもどんなときもWiFiも料金は同じ。評判などを考慮すると、現時点ではどんなときもWiFiのほうが安心です。

 

蔵宇土
蔵宇土

現段階で言えることは、とにかくどんなときもWiFiよりも契約しやすいプランになっていることです。

 

特に、世間でささやかれている「どんなときもWiFi」のデメリット

  • 違約金18,000円
  • 2年目以降の値上がり
  • 故障時の18,000円の弁償代

これに対してネックになっていた人には、めっちゃWiFiは的面のサービスではないかと思います。

 

いずれにせよ、慎重派の方は急いで契約せず、利用者が増えてから評判を見て判断するほうが良さそうです。

 

めっちゃWiFiの速度や繋がりやすさの口コミは追って調査したいと思います。

 

それぞれの申し込みページはこちら。

 

 

 

当サイトでは以下のサービス会社を比較しております。

 

無制限・大容量モバイルWiFi


クーポン
star-open/star-sim

クーポン
start1903/reiwa018

クーポン
sakurasaku

クーポン
chat-r-02/chat-s-02

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました